全国24都府県26社の中小運送事業者で

「一般社団法人 住むーぶ全国協議会」がさらに受注拡大

地域行政とともに高齢者向け引越だけでなく、在宅の片付け受注を大きく伸ばす

(本部:大阪府大阪市住之江区 代表理事:宮髙 豪)

<ご取材をお願いします>

~ 高齢者の住環境に関わる社会問題を2019年3628件(2018年の約3倍)解決! ~

設立の背景

2018年高齢白書によれば、2017年10月1日現在、65歳以上の高齢者人口は3,515万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)も27.7%となりました。また健康寿命は男女それぞれ、72.14歳、74.79歳で、平均寿命はそれぞれ80.98歳、87.14歳となり、約10年間は介護が必要な現状があります。一方で、運送事業者は2007年の63,122社をピークに事業者数は減少の一途をたどり、業界の営業収入も2013年の15兆6,126億円をピークに減少しています。また業界内の人手不足も深刻であるうえ、労働環境の改善も求められる中、後継者不足によるM&Aも加速しており、中小運送事業者のサービスの差別化が待ったなしの状態です。

70代男性

大阪市 70 代男性 片付け前

片付け前

大阪市 70 代男性 片付け後

片づけ後

80代女性

80代女性片付け中

片付け中

80代女性搬入後.JPG

搬入後

介護保険制度開始から5年経過した2005年、代表理事の宮高の経営するセイコー運輸株式会社(大阪市住之江区)では、ヘルパーの資格を持ったスタッフが、高齢者施設への入居のお手伝いや、住み慣れた自宅で住み続けられるための片付けサービスをブランド化し、サービスを開始。大手引越事業者では対応できない、きめ細やかな対応が評価され、地域の介護事業者や行政より直接依頼されるようになりました。そのビジネスモデルが2007年全日本トラック協会助成事業に認定され、2011年以降年々主旨に賛同する企業が増え、現在全国24都府県26社となる物流団体となりました。また全国各社の各地での実績数の合計は、3,628件となりました。

今後さらなる組織の拡大を目指し、任意団体である全国住むーぶ会を改め、

2019年6月

一般社団法人住むーぶ全国協議会

を設立することとなりました。

今後さらなる組織の拡大を目指し、任意団体である全国住むーぶ会を改め、今年6月一般社団法人住むーぶ全国協議会を設立することとなりました。高齢者の引越に携わる事業者と、その利用者や支援者が連携して、高齢者の住環境に関わる社会問題を解決することなどを目的に、引越関連サービスを地域の高齢者や高齢者家族に提供し、日本の高齢社会に貢献して参ります。

【本プレスリリースに関する連絡先】

一般社団法人住むーぶ全国協議会

〒559-0023 大阪市住之江区泉1-3-18

セイコー運輸株式会社内一般社団法人住むーぶ全国協議会 宮高 豪(代表)

URL: https://www.sumove.org

e-mail: g-miyataka@1359.co.jp

TEL:06-6682-1359

ご案内用PDF FAX返信用紙のダウンロードは
↓この下のアイコンをクリックしてください↓

ご案内PDF

FAX返信用紙

資料画像
大阪市 70 代男性 片付け前
大阪市 70 代男性 片付け前
press to zoom
大阪市 70 代男性 片付け後
大阪市 70 代男性 片付け後
press to zoom
80代女性片付け中
80代女性片付け中
press to zoom
80代女性搬入後
80代女性搬入後
press to zoom