協議会テキスト「住むーぶnavi」のeラーニングが誕生予定

住むーぶ全国協議会の共通テキスト「住むーぶnavi」のeラーニング版が、来年3月誕生します。


今まで、導入研修やフォローアップ研修時に使用していた「住むーぶnavi」ですが、パソコンやスマートフォンでも動画を見ながら学び、習熟度を確認する設問を解いて、さらに理解を深めていただける内容になっています。


第1章は「高齢化の概要」

第2章は「介護業界の概要」

第3章は「現場実務」

第4章は「営業実務と見積実務」


となっています。


今後「整理収納」「衛生対策」も追加で盛り込んでいく予定です。


高齢化率も全国平均29%を超え、ますます私たちの引越スキルを生かし、高齢者が自分らしく生活する住環境に改善するための事業を進めていくことができるよう、進化していきたいと思います。





最新記事

すべて表示

在宅で介護制度を活用しながら過ごしたい 私が代表を務める一般社団法人住むーぶ全国協議会では、今年度の総括を書きながら、高齢社会白書を読んでます。そのなかで気になったことですが、自分の介護が必要になった場合にどこでどのような介護を受けたいのかの希望について調べると、自宅で介護を受けたいと回答した割合は73.5%いました。そのなかでも「家族に依存せずに生活ができるような介護サービスがあれば自宅で介護を

昨年に引き続き、独立行政法人福祉医療機構が運営する、WAM助成金に採択されました。今年のテーマは「自宅で長く暮らせる住環境整備を支援し健康寿命延伸を実現する事業」です。 具体的には、 ①片付けの啓蒙と知識習得のための住民向けリアルセミナー ②片付けの啓蒙と知識習得のための住民向けオンラインセミナー ③片付け知識習得と生産性向上のための介護従事者向けセミナー ④研修内容を再度学べるeラーニングソフト